アニメーション作家になるためには

アニメーション作家の仕事内容

アニメーションを考え、作って生計を立てている人のことです。

まず、アニメーションとはテレビアニメでよく見られるような、
もともとは動かない絵を動いているように見せる映像のことをいいます。

ちょっとずつ違った絵を連続して流すことによって、
絵が動いているように見える仕組みを利用しています。

パラパラ漫画と同じ原理です。
(本のページの墨に小さなイラストを書き、1ページごとに少しずつ動いた絵を描き、
全てのページに書いた後、本を一気にめくると、絵が動いて見えます)
今はアニメーションにも色々な種類があります。

テレビアニメーションに限っていえば、
昔は「セル」にセル用のインクを使って絵を描いていくのが主流でしたが、
今はコンピューターソフトによる制作方法が主流となっています。

他には、粘土を使うクレーアニメーションもありますし、
写真をアニメーション風に動かしたりと様々な手法があります。

物語やキャラクターに添ったアニメーションの手法を探しながら
制作していくアニメーション作家というお仕事は、
実に創造性のある仕事と言えるでしょう。

自分で作ったアニメーションを見て、人々に喜んでもらうために
日々アニメーション作家はその技術を磨いていかなければならないでしょう。

アニメーション作家になるには

美術科のある高校、大学、アニメーション専門学校に行くのが一般的とされています。
同じ分野で学ぶ学友達と実力を凌ぎあいながら学んでいくことは
とても刺激的で学習する上でのモチベーションをさらにアップさせることが期待できます。

そんな学び仲間とは末永く付き合っていくことで、
将来同じプロジェクトでアニメーションを作ったりすることも可能となります。

自分の仕事が人手不足で納期に間に合わなかったりするとき、
手助けを期待できる仲間とも言えます。

仕事の就き方としては、数としては多くはありませんが
今はインターネットの求人でも探すことが出来ます。

アニメーションの制作事務所でアシスタントを探している場合には
積極的に応募してみると良いでしょう。

人気職種ですので必ず受かるとは限りませんが、
深夜にまで作業が及ぶ場合も対応できる柔軟さもアピールすれば
興味を持ってもらえるかもしれません。

一時的に臨時の人材を探している場合も、とにかく応募してみることです。

短期だけでも採用してもらい、その後外部ブレーンとして名前を覚えておいてもらえれば、
次の案件の時にも呼んでくれる可能性があるからです。
最初のうちから、「正社員」として雇ってもらうのは厳しいかもしれません。

アニメーション作家のやりがい

アニメーション制作はアニメーション好きな人には声優と並んで人気の職業と言えるでしょう。
深夜も作業し、体力的にも精神的にも満身創痍で、
やっと1週間かけて作り上げた自作のアニメーションが、
放送されたときにはたったの5分、なんてことはあたりまえの世界だそうです。
それでも、人に喜ばれた実感を受けるとやってて良かったと思える職業のようですね。