動物園の飼育員になるには

動物園飼育員の仕事内容

動物園の飼育員はとても人気があります。
大好きな動物と長時間過ごせるし、普段の生活では目にする事もできないような
とても珍しい動物たちと触れ合えることから、昔から人気のある職種と言えます。
しかし、動物の命を預かるとても責任の重い職種とも言えます。

昔から、ドラマやコミックなどでその仕事の内容は紹介されてきていますし、認知度も高いでしょう。
動物と関わる仕事といって思い浮かべるものの中にペットショップ店員がありますが、
ペットショップと大きく違うのは、その動物の生命が尽きるまで責任を持って見守り、育ってことでしょう。

移転などで動物園を移動する動物はまた別ですが、ほとんどの動物たちの最期を看取ることになり、
楽しい事の反面、つらい事も多い職場だと言えます。

動物園の飼育員となると、ます動物園で自分の担当する動物たちの日々の世話をする事が仕事となります。
動物に触れ合うことだけが仕事ではありません。

園内、飼育場の掃除、動物たちの健康を細かくチェックします。
もちろん餌やりも飼育員の仕事です。
あたりまえの話ですが、動物は人間の言葉が話せないので、「ここがいたい」「ここが汚れている」などの
メッセージを人間である飼育員のほうが動物を看て、悟ってあげる必要があります。

動物園飼育員のになるには

まず、動物園の飼育員という職種につくのは「狭き門」と言えます。
何しろ、動物園の数も限られていますし、その求人も決して多くは無いのです。

ですので、なりたくても就職しづらい職種としてあつかわれても仕方が無いのかもしれません。
それでもなりたければ動物園の飼育員の求人をしている動物園に雇ってもらうしかありません。

動物園の仕事は未経験でも就職しても、雇われることが決まればすでに勤務している先輩飼育員から
知識を分けてもらう事が可能ですが、できれば何かしらの動物に特定して専門的な知識を持っていたほうが
良いとも言われています。

さらに、高校や大学で畜産、生態、獣医、繁殖飼育にまつわる知識を学べば
仕事をしていく上でとても心強い自信となるでしょう。ちなみに動物園の飼育員の中には、
動物園で働きながら飼育技師認定試験に挑戦する人もいるようです(2年以上の職場経験が必要)。

さらには絶滅を危惧されている動物の繁殖活動に参加する人もいるそうです。
その中には将来を見越しての動物の種の保存活動に力を注いでいる人もいるらしいです。

動物園飼育員のやりがい

動物相手の仕事ですので、休日や勤務時間は動物の都合にあわせなくてはいけない場合があります。
動物が病気でちょっとでも目を離したら危険な状態になってしまうような場合は、
担当の飼育員がそばに付き添って対応しなければならない時があります。

それに、動物の赤ちゃんがミルクを欲しがっていても、
その動物の親が育児放棄した場合などは飼育員が親代わりとなってその子の面倒を見ます。
人口哺乳も含め、様々なことを飼育員が24時間不眠不休で世話をします。