イラストレーターになるためには

イラストレーターの仕事内容

挿絵やポスターなどのイラストを描く仕事で、その媒体は多種多様。
イラストが掲載されていたり、施してあったりする媒体の全てが対象となります。

イラストレーターの場合、全ての使用素材を自分自身で作り上げる必要があります。
グラフィックデザイナーやグラフィッカーと違う点はまずそこでしょう。思い切った言い方をすれば、
よりイラストレーターの方がクリエイティブな要素を含んでいるとも言えます。
既存のテクスチャーを使用するようなことはまずあり得ません。

イラストレーターになるには

必要な勉強は仕事の就き方美術・イラストとはまったく関係のない勉強をしていても
イラストレーターになれる人もいます。

すでに中学生、高校生の頃からイラストレーターになりたいという意思があれば、
卒業後すぐに専門学校に進む人もいますし、ひとまず美術系の大学に進み
それから専門学校に進む人もいたりとなりかたは様々です。

極端なことを言ってしまえば、専門の学校を出ていなくても絵を描く才能を持っていて、
インターネットの自分のサイトにイラストを掲載し、人気を集められるようになれば
報酬を手にすることも不可能ではないのです。

ただし、誰しもがそんな幸運の道筋を辿れるなんてことはありえません。
絵に自信が持てない人でもイラストレーターになりたいと思っている人は大勢いるでしょう。
そんな人には、専門学校で学べる知識は非常に貴重なものとなるでしょう。

イラストレーターの仕事に必要な専門的な授業を受けることができます。
それに、本当にリアルに仕事上で必要とされるスキルを限られた時間内で
効率よく身につけることが出来るとされているからです。

ただし、そういったイラストレーター関連の専門学校は都市部に集中していますので、
都市部から離れたところにお住まいの方は学校に通いきるのは難しいかもしれません。

イラストレーターの勤務形態

仕事のする上での勤務形態は色々あります。
デザイン事務所や広告会社に就職し、イラストレーターとして活躍するのがまずは一般的といえるでしょう。
未経験の状態で求人に応募する際は、自作のイラストを作品として提出すれば、受かる可能性があります。

会社に勤めれば、そこで共に働く先輩方の知識を取り入れたりできますので
徐々にイラストも上達していくでしょう。勤務する会社の営業がクライアントからの
仕事依頼をイラストレーターに伝え、要望に沿ったイラストを仕上げていきます。

会社である程度の実績と経験を積んだ後退職し、
個人で(フリーランス・SOHO)イラストレーターとして活躍する事もできます。
フリーランスになりますと、イラストを描くことだけが仕事ではなくなるのです。

報酬が発生しますので、事務的な事も自分で管理できなければなりません。
人気イラストレーターともなれば、何もかも一人で処理することが難しくなるような状況も
予測できます。アシスタントや、外部のクリエーターとの連携も視野に入れる必要があります。
大変なこと・やりがいなどは「締め切り」「納期」に追われるのです。