漫画家になるためには

漫画家の仕事内容

漫画家とはズバリ漫画を描いて報酬をもらいながら生活している人のことをいいます。
大手の出版社から発行される雑誌に掲載している漫画家もいれば、
マイナー雑誌でその才能をいかんなく発揮する漫画家もいます。

その他、同人誌、新聞や雑誌の4コマの漫画を書く人もいます。
最近では、同人誌やインターネットでの活動が注目されいる漫画家も多くいます。

プロの漫画家には雑誌に連載している連載漫画家以外にも
同人誌上で活躍する人もいます。
ウエブに自分の漫画を投稿するだけではなく、
実際にパソコンとグラフィックソフトを使用して漫画を制作する人もいるそうです。

したがって、べた塗りやスクリーントーンを貼る手間もだいぶ軽減され、
昔のように何日もの徹夜を経て、原稿完成!といったケースも少なくなったようです。

出版社自体が東京に集中しているため、上京してプロを目指す人が多いそうですが、
インターネットや運送スピードが早くなったことにより、
地方での活躍も充分に期待できると言ってよいでしょう。

漫画家は、漫画をただうまくかければ良いと言うわけではありません。
良いストーリーがそこになければ、
いくら絵がうまくても読者に読んでもらうことは難しいといえます。
それに、プロの漫画家となれば自分の書きたい漫画を好きなように
描けるわけでもなく、読者の購読意識を配慮した上で
編集者と相談しながら作品を仕上げていきます。

それに、漫画家としてデビューしても安定した生活が約束されているわけではありません。
自分の描いた作品が多くの人に読まれ、
人気が出ない限りは漫画家としての生命すら危ぶまれてしまいます。

そうなると、作品を掲載される機会も少なくなり、
そのまま収入も見込めない状態になっていくわけです。
第一線のまま、長期に渡り活躍し続けられる漫画家は少ないのです。

出版社は雑誌で読者アンケートを募り、
常時、読者のニーズを意識して出版をしています。
アンケートに「この作品はつまらなかった」等とかかれた投稿が
多ければ、そのまま漫画家への依頼料にも影響します。

ニーズの無い作品を掲載しても雑誌は売れませんから出版社も必死なのだと言えます。

参考サイト マンガ学科

 

漫画家になるには

漫画雑誌を出版している出版社自体が開催している新人賞に応募し、
入賞できれば漫画家へのデビューの道が開かれることは有名です。

また、同人誌などでの活躍が出版社に認められ、デビューするケースもあるそうです。
また、おすすめの方法は、古典的ですが出版社に直接持ち込みをする方法です。

採用されることを期待するよりも、
多くの作品を見てきたプロに自分の作品を直接見てもらい感想をいただく事は、
実に貴重な経験でもありプロへの手がかりとなる貴重な財産ともいえます。

よほどの実力が無い限り、そのままデビューになんてことにはならないと思いますが、
そこでの教えを踏まえて再度持ち込みにチャレンジすれば、
最初の持込時にはなかった反応があるかもしれないからです。

関連サイト 持ち込み体験談