画家という仕事

水彩画

画家になるには

画家になるために、「この過程を踏まなければ絶対に画家にはなれない」というようなことはありません。
とにかく大切なのは、才能と努力です。
逆に言えば、美術学校などを卒業すれば絶対に画家になれるという保証もないという厳しい世界とも言えます。

中には、専門学校に通わないで独学で絵の勉強をしたり、有名な画家に弟子入りして学んで成功した人もいます。
ちなみに、東京芸術大学は美術大学の中でも入学が最難関の学校だといわれ、多くの画家の出身大学でもあるのです。

また、画家として活動するためには、積極的に個展を開いたりすることも重要で、そこで自分の能力と作品をアピールすることで画家としての知名度をあげていくことにつながります。

画家の仕事

とにかく誰のものでもない、自分の絵を描くことが画家の仕事です。
そこにはセンスや技術、表現力などが問われます。

画家という仕事は、鳴り物入りのようにすぐに評価されていくよりも、徐々に評価が上がっていくことが多いです。
そして、そのほとんどが、画家とは別の副業をしながら生計を立てている人がほとんど。
例えば、学校などで美術教師をしたり、フリーデザイナーとしてイラストを描いて収入を得ているケースも多いのが特徴です。

尚、どうしても描いた絵をすぐに売りたい!という場合は、画商とのやりとりやコネも重要になってきます。
その理由は、画家本人に営業能力があまり無い場合、いくらすばらしい作品を描いても、売れない場合があります。
そんな時、画商は画家に代わって作品を売る手助けをしてくれるのです。

将来的に高値で取引されることも

クリエイティブな仕事の特徴として、最初は下積み期間で技術などを磨き、ある程度時間が経てば経験を活かして自分を表現するという方法が多いです。
その結果として、画家の場合は自分が描いた作品が後々になって価値を見出されて、絵画買取専門業者の間でも高値で取引されることもあります。

多数の有名絵画などの買取実績がある絵画買取センターでは、買取査定の際に専門の鑑定士によって作品の判断を行うので、正しい価値を提示してくれます。
査定の段階で、絵画の価値は決まりますので、有名画家の絵画を買取依頼する際は、こうした専門鑑定士が在籍しているところで依頼をしましょう。