俳優になるためには

いやこまったな

俳優の仕事内容

テレビや舞台などで演技をする人のことを俳優いいます。女性に対しても男性に対しても「俳優」と呼びますが、一般的に女性に対しては「女優」を使用することが多いようです。

脇役で、いぶし銀の縁起がきらりと光る演技派俳優の方が第一線の主役級として活躍する俳優・女優よりも、息の長い活躍ができるのかなと感じ取れます。

脚本を基に演技をすることが俳優の仕事内容です。主な活躍の場としては映画、舞台などでしょう。監督や共演者、制作スタッフなどと共に一つの作品を作り上げるお仕事です。

参考ページ 俳優の一覧

俳優になるには

俳優になる道にも様々なパターンがあります。その一つとして、

芸能事務所などが開催しているオーディションに応募、参加するという方法です。

参加したオーディションに合格すると、芸能事務所に所属し、俳優デビューを目指すことになります。

また、街中で声を芸能事務所のスカウトに声をかけられるというパターンです。「ぜひ、うちの事務所から映画のオーディションを受けてみませんか」などという誘い文句でスカウトをかけられます。

そのまま、オーディションをせずに配役に抜擢されるということもまれにあるようです。その他、すでに芸人やお笑いタレントで活躍していて、その個性を買われて俳優に抜擢されることもありますし、劇団、演劇などの舞台での活動活動が認められて、テレビや映画への出演を依頼されることもあります。

ここ数年でいうと、ミュージシャンから俳優への転向の話もよくあります。ちょっと思い浮かべるだけでも、相当数の俳優の名前が浮かび上がります。

最近ではファッションモデルが俳優になるという話もよくあります。モデル、ミュージシャンどちらにも言えることですが、やはりその人のもつ「味」や「個性」が、その配役に合っている場合、引き抜かれやすいようです。

「あのタイプの役をやらせたらあの俳優の右に出るものはいないだろう」と思わせられるような個性を身に付けるのも、俳優になる方法の一つといえるでしょう。

役者の資質の違いを見るのに興味深い作品

国によって異なる俳優への道

日本においても、俳優や役者を目指す学校はありますが、ショービジネスで最先端を行くアメリカにおいては、映画やミュージカルの俳優においても、総合大学の正規学部で学ぶことが多くなっています。

これは、一流の俳優となる人材は、教養や知識においても一流でなければならないと考えられているからです。専攻する学部も俳優のみならず、舞台マネジメントや照明音響といった舞台芸術において欠かすことのできないものを学べます。

アメリカ大学への進学・留学制度【NCN米国大学機構】

国内においては、アメリカ留学を支援する企業や団体も多いため、グローバルな俳優を志す人の中には、アメリカの大学で俳優を学ぶこともしばしばです。

ただし留学という選択肢は、留学先の母国語を最低限習得していないと、学びの機会も減ってしまう可能性があります。せっかくの留学を身のあるものにするには、語学の勉強を欠かすことのないようにしましょう。

俳優のやりがい

収入は俳優・女優によって様々だといえます。

人気があって、次から次に出演依頼が来るような俳優の場合は、それだけ収入も多くなるでしょう。

しかし、駆け出しの頃や売り出し中の新人などの場合は生活が苦しいことも多いようです。仕事が少なく、無収入の場合もあるようです。報酬が完全歩合制の芸能事務所に配属すれば、成功すれば高収入ですが、その逆も言えるのです。人気があって、現在高収入を得ている俳優になったとしても、

そこに将来への安定が約束されているわけではありません。人気が無くなり、どの企画からも名前に挙げられなければ仕事にはありつけないわけです。