声優になるためには

声優の仕事内容

アニメや映画の吹き替えやテレビCMなど、
声だけで出演する俳優のことを声優といいます。

声優は人気の職業で、日本には現在1.,000人以上の声優がいるといわれていますが、
声優の人数と仕事量のバランスに偏りがあり、
声優業だけで生計をたてている人はほんのひとにぎりの人たちに限られます。

声優と聞くと、「あ、アニメキャラの声の人たち」と思い浮かべる人も多いと思いますが、
一概に声優と言ってもその種類は多く、さまざまな”声”の仕事があります。
例えば、ナレーターやアナウンス、ゲームなど、
「声」を使って物事を伝える仕事で声優さんは活躍します。

作品本来のストーリー性を認識したうえで演技をする。
普段とは違う別の誰かを演じる。ことは、俳優と同様の楽しみの一つと言えるようです。

作品の読解力はそのまま演技の完成度につながりますし、
声の強弱、抑揚をつけて表現することが必要です。

仕事があれば忙しい毎日ですが、もちろんその逆もあります。
仕事が少なく副業で稼いでいる声優もたくさんいるそうです。

また”声”という体を酷使する仕事なので、体調管理も重要。
喉(声帯)のケアには細心の注意を払わなければなりません。

声優になるには

アニメ関係や声優の養成所の専門学校に通いながら声優としての基礎を学習していきます。
はた目には簡単そうに見えて、実はかなり厳しい世界。
発声の仕方によっては雑音をマイクが拾ってしまったり、
キャラクターに合わない拙い表現力では仕事を掴み取ること難しいでしょう。

養成所を経ないで声優になれる可能性はほぼゼロに等しいのですから、
やはりそれなりの技術を身に付けないと声優にはなれないと考えてください。

声優プロダクション付属の養成所に入所したほうが、
養成所を修了した際に何かと都合がよいそうです。

現在のほとんどの声優さんもそうしているそうです。
養成所で、下積み・見習い期間を経て、
そこからステップアップを踏んでいきますが、
努力と才能に恵まれたわずかな人しか正所属になれない厳しい世界。

ジュニア時代や仮所属で、その現実の厳しさに挫折し、
志半ばで声優への夢を諦めてしまう人も多いということですが、
声優の養成所や専門学校に通っている声優志望者はなんと2000人以上。
ほとんどの人がその過程での厳しさに耐えられずに
自分からその道から遠のいてっているようです。

晴れて声優になれたとしても、安定したレギュラー番組などで活躍できたとしても
その番組が人気番組になり、長寿番組にでもならない限り、
毎月の安定した収入は見込めないでしょう。

最近ではインターネットでの動画サイトに投稿するなどして
自作のアニメーションに自分で声をつけて発信するという方法があります。

そこでアクセス数を稼ぎ、話題になれば、
また新しい形での声優デビューを見込める可能性があります。

関連サイト 東京アナウンスアカデミー & 専門学校東京声優アカデミー