Webデザイナーになるには

タイピング

Webデザイナーになるには

Webデザイナーには必ず必要な資格がありません。Webデザイナーの求人にある記載で必要な基本スキルとしては、html・cssを使ったマークアップスキルやUI/Xに関する知識などです。
サイトのレイアウトをするにあたってPhotoshopやIllustratorなどの画像処理ソフトのスキルも必要になります。最近人気のあるサイトはjQueryやJavaScriptなどを使用した動きのあるリッチサイトが多いので、プログラミングのスキルもあると仕事の幅が広がるでしょう。

コーディングスキルや画像加工技術は実際に手を動かし、反復して練習をしないと身に付きません。
技術に関するテキストや練習方法などはネット上でもたくさんあり、やろうと思えば独学での勉強もできます。しかし、一番効率のいい勉強法は、Webデザインスクールや専門学校での技術の習得です。
ゼロからのスタートの場合はわからないことだらけ。質問できる環境で習得した方が次のステップに進みやすく効率的にスキルアップができます。インターネット業界は移り変わりが早く、最新の情報や技術が飛び交っているので、同じ目的を持った方々と情報共有をしながら学べるメリットも大きいです。
最終的には自分がデザインしたWebサイトのポートフォリオを作成し、就職時のアピールとして準備しておきましょう。

仕事内容

サイトのデザインを考えるだけでなく、html・cssを用いたコーディングやグラフィックソフトを使っての画像加工など、サイト制作全般を担当する仕事です。また、クライアントから依頼を受けるときのヒアリングやサイトの方向性についても担当するケースがあります。所属する会社の方針によって、Webデザイナーが担当する範囲は変わってきますが、サイト制作後の運用も担当する場合もあります。

やりがい

デザインを1から考え、頭の中のイメージを形にする課程にやりがいを感じるWebデザイナーは多いです。クライアントがWebサイトを作る目的はさまざまで、アクセス数を伸ばしたり商品購入だったりと成果をだすためです。マーケティング担当やライティングの方々とサイトの戦略やコンセプトなどを練り制作します。クライアントの想定していたサイトより「想像以上のもの」ができたときの達成感は大きく、次のモチベーションにつながるでしょう。経験を重ねて行くと、クライアントの課題解決に向けたサイトデザインの提案ができるようになり、クライアントと制作側どちらもやってよかったと思える瞬間になります。
この繰り返しを経験できる、Webデザイナーはやりがいのある仕事です。

活躍の場

主な就職先としてはWeb制作会社での勤務が多いです。経験を重ね独立する方も多く技術があれば、複数の会社から依頼をもらえます。独立する場合は安定した収入を得るために、営業する場所や企業の担当者との繋がりも大切です。