看護師になるためには

看護師の仕事内容

以前は女性の看護師を「看護婦」と呼んでいる時代がありました。
それでも今でも入院しているときについ「ちょっと看護婦さん!」なんて
呼んでしまうこともあるほど、「看護婦」という言葉は長く使われてきました。
でも、今では男性も女性も共通して「看護師」と呼ばれます。

最近では、徐々に男性看護師も増えてきているようですが、
まだまだ圧倒的に女性のほうが多い職業です。
女性20人に対し男性は1人という割合だそうです。

この看護師という職業は、主に診療所、医院、病院で、
お医者さんの診察の補助業務や患者さんの看護、ケアをします。
その仕事内容は実に幅広く、点滴や注射はもちろんのこと、
手術後における患者さんへの精神的なケアも含まれます。

関連サイト日本看護協会

 

看護師になるには

高校を卒業した後の仕事の就き方としては、
まずは看護師養成施設への入学が必要となります。
そこで、3年から4年学び、看護師国家試験を受験します。
その試験に合格すればめでたく看護師になれるわけです。

合格率は90%。非常に高い数字なのは、養成校時代にしっかり学び、
受験に向けての対策が出来てこその合格率なのでしょう。
中学を卒業した後の仕事の就き方としては、
まずは准看護師養成施設にて2〜4年の間、徹底的に学びます。

そして准看護師の資格を取得できて、初めて看護師養成施設への
入校への資格が得られます。あとは、高校の時と同様、
看護師養成施設で学んだ後、看護師国家試験を受験します。

看護師国家試験に合格すれば、看護師となります。
看護師になれば、間違いなく就職が出来ます。
慢性的な人手不足の状況の看護師ですから、看護師の資格を持っていれば、
すぐにでも働いて欲しいと希望する病院はたくさんあるはずです。

高校・専門学校・大学卒業時に学校の紹介で就職するケースが最も一般的で、
転職時も専門の求人媒体(web・雑誌)や
各病院の募集など積極的に募集が行われています。
医療関係者の紹介など、170万人を超える医療従事者同士の繋がりも密接です。

関連サイト東京医科大学看護専門学校
関連サイトナース専科 コミュニティ

 

看護師のやりがい

労働環境は厳しいの一言に尽きます。
労働時間や休日が不規則です。
病院によって変りますので一概には言えませんが、
入院施設があったり、救急センター・救急病院のような突発的な事態にも
24時間備えなければならない施設ではさらに労働環境は苛酷ともいえるでしょう。

労働条件によっては深夜勤務を課されることも多く、
体力的にも精神的にもつらいと感じることがあるでしょう。
休日に病院から連絡が入り、出勤しなければならない事も病院によってはあるようです。
夜勤が明けたので、家に帰れると思っていたら突然の急患で、家に帰れなくなってしまった、
などという話しは決してドラマの中でだけの話しでは無いようです。

日々の過酷な労働で体力的についていけなく、業界を去る人も多いようです。
看護師業界が万年人員不足の状態が続いているのは
そういった厳しい労働環境も原因の一つ。

それゆえにその離職率も非常に高い職業と言えます。
実際に以下のようなデータがあります。
数字を見てもわかるように、その仕事内容の厳しさがここにも伺い取れます。

2009年 離職率:11.9%
2008年 離職率:12.6%
2007年 離職率:12.4%

参考資料 看護師の賃金と労働環境 [PDF]
参考資料 看護師等の「雇用の質」の向上に関する報告書 [PDF] 厚生労働省プロジェクトチーム